中古ゲーム機せどらー/上田タカヒロのプロフィール

Pocket

上田タカヒロのプロフィール

中古ゲーム機せどり/無在庫転売/FX/リストマーケティング/アフィリエイト/情報発信

中古ゲーム機せどりの副業をはじめたきっかけ

2018年12月から専業として独立しましたが、副業を今の本業にするに至った経緯からお話しできたらと思います!良かったら御付き合いいただけると嬉しいです。

副業としてせどりを始める

僕は、北海道の私立大を卒業後、東北に本社を置く家電系企業に就職をしました。

その企業は、月20日出勤、残業代もつくしそもそも残業自体がほとんどなく、とても働きやすい会社でした。一緒に働く同僚たちはみんな僕より年上でしたが面白くて頼りになる先輩たちに囲まれていました。

職場の和を大切にして、成果も過程も大切に!をモットーにという想いで、同僚たちもイイ人ばかりだったので一緒に働く仲間のためにも早く出世して何とか会社を変えようともがきました。

8年間勤務を続けたんですが、営業主任になった際、自分の力が及ぶ限界を知り退職。

せどりにも挑戦

独立する1年8カ月ほど前から、会社をやめてどうにか収入を稼げないか?と副業でせどりに挑戦してました。

でも、3か月間頑張ったにも関わらず、1日当たり売上があっても数千円、全く結果が出ずに挫折しかけました。

様々なジャンルに手を出すも、一向に成果が出ず

初めは、ドン・〇ホーテやヤ〇ダ電機などでせどりにチャレンジするも、1日目で挫折。

まず何を仕入れたらいいのかさっぱりわからず、モノレートを開いたスマホ片手に固まっていました。やっぱりそう簡単にはいかないなぁと思いつつも、場所を変え、品を変え、ブログから情報収集を日課に徐々に仕入れができるようになっていきます。

それでもライバルとの価格競争にすっかり疲れてしまい、せっかく仕入れたお値打ち品も時間とともに薄利になったり、赤字になったり、そもそも全く売れないものだったりとトラウマになるほど様々な失敗をしてきました。

こんなんじゃ今の仕事は辞められないし、かといって転職はしたくない。というわがままな気持ちが強かったので、一人で働けるせどりという稼ぎ方に夢を追い続けていたんです。

そこであることを決意したんですよね。

「正しい方法を学ぶことで急激に成果が上がった

一度は挫折しかけたせどりでしたが、「成果を出したい!」という一心で、稼げる正しい方法を学びながら、実践を重ね再スタートさせました。

正しい方法を一から全力で学び、今まで仕入れ対象にしていたものはすべて捨て、ゲームに特化して仕入れと販売を続けた結果、ぐんぐん売上げも伸び、初月から月収14万円達成し、それを足掛かりにどんどんビジネスが広がりました。

「正しい方法」で取り組めるかどうかで、こんなにも違うのかって僕自身めちゃくちゃ驚きました。

そして現在

僕は、せどりとは全く無縁の生活、スキル0の状態の素人から始めました。だから開始数か月は結果が出ずうまくいきませんでした。

でも今では月間50万円以上の利益を得られるまでに育ちました。

とてもありがたいことに、僕のゲームせどりがきっかけでたくさんの方との接点をもつことができました。わざわざ僕のことを探してメッセージをくれる方もいらっしゃいます。

 

「僕と同じようにせどりでうまくいっていない人の助けになれば」

という想いで始めたこのブログ運営ももう3年目に入りました。

 

僕の夢

僕の発信する情報をきっかけに、ブログ読者さんが頑張る姿や、「今日も仕入れたゲーム機が売れました!」と喜んでくれる人をもっとたくさん増やすことが夢です。

仕入れができない、せどりで稼げないという経験は僕もしたことはあります。

だから、

・「リサーチしても仕入れができない」
・「成果が出ずに挫折しかけている」

こんな風に悩んでる人に、楽しくゲーム機せどりに取り組んでもらいたいと思っています。

そして僕自身はせどりもそうですが、まだまだ新しいことにもチャレンジすることも諦めてません。

自分自身をもっと成長させ、より多くの方へ様々な価値提供ができるようまだまだ夢を追い続けている途中です。

 

上田タカヒロのちょっとした情報

■1986年8月9日生まれ。そろそろナイスミドル目指してダンディズムも磨いていきたいと思っています。とまぁごくごく一般的な日本人男性です。

■北海道苫小牧市出身、現在は札幌市に出てきています。

■性格→かなり真面目、几帳面だけど、パソコンデスクの上はいつも散らかり放題。やや撃たれ弱いが人よりも粘り強さはある(と思っている)

■ハマっていること→昔からゴルフとギター。それから居酒屋通いにもハマってます。

■好きなもの→せどり、情報を発信すること、果物の桃

■苦手なもの→高圧的な人、偉そうにしている人

■好きな言葉→「ありがとう」「夢」