ゲーム機仕入れに役立つ3つのコツ

Pocket

 

どうも、上田タカヒロです。

こうして情報発信しているとLINE@やTwitter経由で僕にメッセージをくれる人が多くなってきましたが、その中で決まって言われることがあります。

 

「ゲーム機せどりってなんだか難しそう・・・」

「ゲーム機の知識がないのですが大丈夫でしょうか」

 

ゲーム機というと色々な付属品がつながって、全てが正常に動作して初めて遊べる『デジタル商品』ですよね。おもちゃやDVDなどは違い確かにゲーム機は複合的に見るべきポイントがあります。

今回はゲーム機せどりを実践したことがない人のために仕入のコツをちょっとだけご紹介します。

 

基本的に狙うのは値引きされた商品

 

初心者がまず実践するべきなのは、『値引きされた商品』のみを狙うということです。

値引きされる理由としては、「付属品の一部が欠品」していたり、「傷がついている」など、そのままの状態では遊ぶことができなかったり、コンディションがあまりよくないので安くしているというケースですね。

例えばコントローラーが欠品している場合は、その店内か他のお店でコントローラーだけを仕入れ出来ないか、インターネットで仕入れは可能かどうかをリサーチしてみて、別に調達ができる見込みがあるのであればコントローラーが欠品していても仕入れ対象とします。

一方で、別で調達する方がかえって仕入金額が高くなったり、そもそも調達ができないものは見送ることもありますが、たいていのものは仕入れに回っている最中に見つかることが多いです。

付属品の欠品で安くなっている商品を見つけて仕入れに迷う場合は、その商品情報をスマホにメモしておくと後から役立つこともありますよ^^

 

初めて見るゲーム機でも『型番』をチェックしてみる

 

仕入に出かけていると、ディスプレイされたゲーム機の中に初めて見るようなゲーム機も数多くあると思います。

例えば、このゲーム機は見たことありますか?

こちらは『PSP go』というゲーム機本体になります。

あまり見かけたことがないゲーム機の場合は必ず『型番』をチェックするようにしてください。見たことがないからといってスルーばかりしていてはダメですよー。

こちらのPSP goの場合は、「PSP-N1000」というのが型番になります。

モノレートでリサーチしてみると、

ゲーム機の回転率としては優秀とは言えませんが、このくらいの頻度で売れている商品であれば利益さえきちんと出ることが確認できれば仕入れてしまっても大丈夫です。よほどコンディションが悪かったり、値付けがおかしくない限りほぼ売れていきますね。

PSP goはなぜか売れない店では本当に売れないので残ってることが結構あります。このゲーム機を見つけたら僕は毎回ほぼ仕入れて利益を出せています。お店では売れない=価格が安いケースが多い商品ですから覚えておくといいですよ♪

 

有名どころではプレステなどもありますが、プレステ本体にもそれぞれ必ず型番がありますので仕入れの際には必ず型番を調べてリサーチしてみましょう。

初代プレステの見分け方についてご紹介した記事がありますので参考にしてみてください。

>>【参考】初代プレステの見分け方

 

動作未確認のゲーム機は狙い目

 

ゲーム機の仕入れに回っていると、ディスプレイケースの中に「動作未確認」という理由で安売りされているものがたまにあります。

動作未確認というのは、買い取ったゲーム機をお店の事情で動作を確認せずに販売している商品ということです。別名ジャンク品ともいわれます。(僕が得意とするジャンク品仕入れとはちょっと意味が違いますが)

 

お店の事情というのは、

 

・動作確認のための人員が足りない

・買取量が多すぎて作業が追い付いていない

・作業の効率化

 

などなど。これは仕入れ中に仲良くなった店員さん数名に僕が直接聞いて教えてもらった情報です。

ここだけの話ですが、『動作未確認』といっても通電動作だけはしていたり、コントローラーの各ボタンの確認をしていないだけとか、動作確認用のディスクがたまたまなかったからなど、実際にはほぼ正常に動作することが分かっていても敢えて動作未確認として販売しているケースが多いそうです。

 

そうした事情を知らないで動作未確認のゲーム機を見かけると、「これって壊れてるんじゃないの?」「仕入れても動かなかったら嫌だな・・・」と、途端に仕入れを躊躇ってしまうせどらーは多いです。

動作未確認=値段が異常に安いことが多いのでむしろ積極的に仕入れていった方がおすすめですし、お店で動作確認をしていないのであれば自宅で自分で動作確認をしてみればいいだけです。

 

動作を確認していないゲーム機があった場合、むしろ仕入れ対象にならないか積極的にリサーチしてみることをおすすめします。

 

まとめ

 

ゲーム機は一度型番を覚えたり、売れる商品を理解して効率よく仕入れができるようになると、どのジャンルのせどりよりも確実に楽です。

つまり、目利き力さえついてしまえば、あとは付属品の量や価格だけに注目していればいいので何時間もかけて全頭スキャンをする必要がありません。

売れる商品が何かがわかるようになると、店内のディスプレイの中を目で追っていき、対象商品があったら付属品と値引き後の価格をチェックして仕入れ対象になるかどうかを判断していくだけ。

仕入れ対象になるものがないこともありますが、その場合は短時間で見切りをつけて次の店へいきましょう。

こんな仕入れができるようになれば、月収10万円って意外とあっさりですよ^^

 

▽ゲーム機せどりをもっと知りたい人はこちら

>>【参考1】ゲーム機せどりを解説します

>>【参考2】ゲーム機仕入れのコツを解説します

 

▽僕の仕入れ方法を学びたい方はこちらからどうぞ

>>『中古ゲーム機せどり』だけで初月から”月収10万円コンサル” 受付中です!

 

ライバルが少ない今がチャンスですので、ぜひお早目に( `ー´)ノ

 


 

▽LINE@で友だちになると特典として僕の仕入れ画像をプレゼントしてます!

 

 

 

 

▽公式メルマガです。コンサル生に配布しているマニュアルの一部を公開中!!

 

▽noteではブログでは紹介できないゲーム機せどりのノウハウについて発信中です!

>>僕がYahoo!JAPANカードをおすすめする5つの理由


【コーヒータイム☕】無料で読める参考書籍

 >>自由な人生を手に入れる教科書

僕が副業に取り組む中で『一番感銘を受けた書籍』です。個人ビジネスのせどりでモチベーションを保つためのヒントが数多く隠されてます。

無料で読める書籍ですので、コーヒー片手にお時間を作ってぜひ読んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です