ゲーム機せどりに必要なクリーニング用品【高値販売に必須ツールをご紹介します】

Pocket

今回は仕入れたゲーム機を高値で売るために必要な「クリーニング用品」についてまとめてみました。

基本的に僕は中古品のゲーム機しか取り扱いませんので、少しでも購入者に喜んでもらえるよう丁寧なクリーニングを心がけています。

ただし、ゲーム機は精密機器の集合体ですので、クリーニング時にも気を付けたいポイントがいくつかあります。

おすすめのクリーニンググッズと合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ゲーム機せどりでクリーニングが重要なワケ【消費者の立場で考えましょう】

ゲーム機せどりでクリーニングが重要なワケ【消費者の立場で考えましょう】

まず、中古品を扱う際に最も注意を払わなければならないのが、「商品の見栄え」です。

例えば、

  • 手垢
  • ほこり
  • 汚れ
  • シールの跡
  • 隙間に詰まった汚れ

などなど、もし自分が商品を購入して、届いたゲーム機が手垢や汚れだらけだったらクレームの1つも言ってやりたい気持ちになりますよね。

それが理由でゲーム機を返品されたり、購入者から酷評とともに低い評価をつけられてしまうこともあります。

「もう少し丁寧にクリーニングしておくべきだった・・・」と思った時にはすでに遅いということです。

せっかく販売した商品が返品されてしまっては、往復の送料の負担もかさんでしまいますので、出品者にとって何一つ良いことはありません。

商品を販売してお客様からお金を頂く以上、クリーニングは最低限のビジネスマナーと心得ておきましょう。

また、クリーニングは「他の出品者との差別化」にもなります。

クリーニングをきちんとしていれば、

  • 高値で売れる
  • 高い評価がもらえる

というメリットもあります。

購入者からの実際の評価をお見せします

僕が実際に購入者の方から頂いた評価の一部がこちらです。

実際に購入者の方から頂いた評価の一部

このように、丁寧にクリーニングを行ったおかげで「評価5」をつけてくれる方も一定数存在することがわかります。

ゲーム機の中古ハードを扱う場合、購入者もそれなりに汚れはあることを前提に買う方が多いです。

つまり、予想を覆すほどきれいな状態にしておけば、それだけで喜んでくれる人もたくさんいるというわけです。

だから僕はこの点は一切手を抜きません。

「徹底的に相手の気持ちになって考える」←これがビジネスではとても大切です。

ゲーム機せどりに必要なクリーニング用品【僕が愛用しているツール】

では続けて、僕が仕入れた中古ゲーム機をクリーニングするのに利用しているグッズをご紹介します。

どれも安価に用意できるものばかりなので、足りないものがあればぜひ揃えておいてくださいね。

クリーニング用品①:アルコール製剤

クリーニング用品①:アルコール製剤

除菌剤スプレータイプ(アルコール除菌)

メーカー:カビキラー
内容量:400ml

アルコールはクリーニング用品の基本です。

油分を含んだ手垢や汚れ跡などはほとんどこれで綺麗になります。

特にコントローラーは人の手に触れることが多いものなので入念なクリーニングを心がけています。

クリーニング用品②:ベンジン

クリーニング用品②:ベンジン

特性ベンジン

メーカー:タカビシ化学
内容量:500ml

こちらはベンジンというものです。

アルコールよりも揮発性が強い分、拭いているうちに揮発して成分が無くなってしまいますが、アルコールでも取れないような頑固な汚れには最適です。

ただ、あまり多用しすぎると白く成分が残ることがあるので、あくまでどうしても取れない汚れ用に最終手段として持っておくと良いです。

クリーニング用品③:液晶クリーナー

クリーニング用品③:液晶クリーナー

ウェットティッシュ(液晶用) 80枚

メーカー:サンワサプライ
内容量:80枚

ゲーム機を扱う以上、Wii UやPSPなど液晶パネルのクリーニングは必須と言えます。

注意点として、液晶パネルのクリーニングにアルコールやベンジンを使用するのは「絶対にNG」ですよ!

誤って使用してしまうと、液晶表面のコーティングが剥がれてしまい、白濁して取れない状態になってしまいます。

最悪売り物にならなくなる恐れがありますのでくれぐれもご注意下さいね。

その点こちらは液晶専用なだけに、布タイプの乾いた液晶クロスよりもはるかに汚れが取れます。

指紋跡などはほとんどなかったかのように綺麗になりますし、ついでにゲーム機本体にも併用できて便利ですよ。

自分のスマホ画面やパソコンの液晶も一緒にクリーニングできて色々な意味で重宝してます。(笑)

クリーニング用品④:ダストブロワー

こちらもゲーム機のクリーニングには欠かせない必須アイテムです。

ダストブロワーは精密機器にも使用ができるように、封入されたガスには一切水分を含んでいません。

手が入らないようなUSB端子内部の汚れ、カセットの挿入口や送風ファンの周りに詰まった埃を吹き飛ばすのに超大活躍します。

これがないとゲーム機のクリーニングとしては不十分に終わることが多いので、僕は切らさないように3本セットで常備しています♪

クリーニング用品⑤:歯ブラシ

クリーニング用品⑤:歯ブラシ

こちらもクリーニング用品には欠かせない便利な道具です。

歯ブラシは万能ですよー!
(固めのブラシだとなお良いかもです)

特にコントローラーのボタンや継ぎ目に溜まった手垢、本体の隙間に詰まった汚れを取るのにはとても重宝します。

ただ、あまり強くゴシゴシしすぎると、商品の表面に細かなひっかき傷のようなものが残りますので注意してくださいね。

他にもZIPPOオイルやブラウンというメーカーのシェーバーに用いる洗浄液なども、テープ跡をはがしたり頑固な汚れ落としに便利なので、予算がある方は揃えておくと便利ですよ!

特にブラウンの洗浄液は、シール跡などどうしても落とせないネバネバ汚れなんかも驚くほど簡単に楽々落としてくれますのでゲーム機せどらーじゃなくても便利アイテムですね!

以上が、ゲーム機のクリーニングに便利なグッズでした。

クリーニングにおける基本的な用品知識を知り、作業効率をアップさせていきましょう。

ゲーム機せどりに必要なクリーニング用品まとめ

ゲーム機せどりに必要なクリーニング用品まとめ

そして、クリーニングをきちんと行ったあとは、それを見込み客へしっかりとアピールしてください!

アピールの文言の例としては以下の通りです。

  • 「専門スタッフにより十分に検品を行い、クリーニング済みです」
  • 「専用のアルコールにてクリーニングを実施しております」

など、購入客のために商品はしっかりとクリーニングして綺麗にしましたよ!ということを訴えかける安心のフレーズを必ず付け加えましょう。

ゲーム機は決して安いものではありませんので、せっかく買うなら

「自信を持ってクリーニング済みと言ってくれる出品者から買いたい」

はずですよね。

同一価格で並んだ商品なら少しでもきれいな方を買いたいというのがお客様心理ですし、清潔に保ってくれているならちょっとくらい高くても親切な出品者から買いたいのが人間というものです。

そういった購入客の心の声をきちんと考えてひと手間かけることで、

売れ行きが全然違ってきます!

こうした手間をかけていれば自然と購入客からの良い評価も溜まっていきますので、必然的に高評価が集まる強いアカウント、選ばれる出品者へと成長することにもつながります。

今回の記事をぜひ参考にして頂き他の出品者との差別化をはかって、ぜひ高値でガンガン売っていきましょう!

関連記事>ゲーム機を梱包する方法

ゲーム機を梱包する方法

2018年3月19日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です