売れないリスク【音声解説】

Pocket


初心者・お小遣い稼ぎランキング

↑皆様のクリックが励みになります^^

 

 

こんにちは、上田タカヒロです。

 

「これからせどりをしてみたい!」

 

って思う人なら、

 

「売れなかったらどうしよう・・・」

 

なんてこと、思うことありませんか?

 

※音声が聴けない方の為に、以下文面で解説もしています。

 

 

せどりをやる上で絶対に避けなければ

いけないのが、「売れ残りリスク」ですね。

 

要は、売れない商品は仕入れちゃダメ絶対!

ということです( ;∀;)

 

仕入れたものが売れなければ

仕入れた金額分は売れるまでは永遠に回収できない

資金ですから、次の仕入れの際の障害になります。

 

「あ!これ買いたい!」

 

と思った時にはすでに時遅し、、

 

「あの商品じゃなくて、こっち買えば良かった・・・」

 

なんて失敗、せどりを始めた当初の僕は

日常茶飯事。(笑)

 

それを踏まえた上で、自分はどんな商品を取り扱って

せどりに取り組んでいくのか。

その辺はよく考えてください。

 

ちょっと、

せどりの基本となる考え方をお話ししますね。

 

取り扱う商品によって

 

1ヵ月で売れるもの、

3ヵ月以内に売るもの、

半年から1年の間に売れるだろうもの、

 

など、その商品によって売れる時間軸は

異なることはよくあります。

 

時間を長くかけて販売するものというのは

プレミア商品だったり、利益率が高いことである

ことが絶対条件となります。

仕入れミスでない限り、これは鉄則ですね。

資金を拘束するリスクを背負うわけですから、

見返りとなるリターンを最大化する必要があるのです。

 

1ヵ月以内に売り切れる商品であっても、

1年かけてゆっくり売る商品であっても、

実際、どれを取り扱うのが正しいと断言できる

ものではありません。

 

自分が許容できるスパンで

自分が欲しい利益を伴って売れる商品を

厳選して取り扱えばよいのです。

 

ただ、僕の場合は

世間より?小資金でせどりを始めたので

利益率と同時に、

在庫回転数も重視してここまで

やってきました。

 

※回転数

「商品の仕入れから販売するまでのスピード」

 

初めにも言いましたが、、

「長期間売れない商品は絶対に取り扱わない」

 

そして、

「長くても2週間以内に売れる商品のみを扱う」

 

ことを仕入れの際の最重要ポイントとして、

自分の中にルールを設けていました。

 

例えば、

1万円で仕入れた商品を3ヵ月以内に2万円で売った場合、

差額1万円(手数料などは除く)の利益ですよね。

 

でも、千円で仕入れた商品を3ヵ月以内に3千円で20回販売すると、

差額4万円(同上)の利益になります。

 

もうお分かりの通り、長期在庫にしておくよりも

3万円分多く儲けを得ることができます。

 

極端な例だと思うかもしれませんが、

これは現実によくある話です。( *´艸`)実際、

3ヵ月もあれば20回どころか、、

30~50回くらい繰り返し売れる商品も

実は多くあります。

 

そして、長期間在庫にしておくと

恐怖の価格下落に巻き込まれてしまう可能性も

念頭においておかなければいけません。

 

逆に、出品後2~3日程度で売れる商品であれば

販売までにスピード感がありますから、価格下落に

巻き込まれるリスク自体を最小限にすることもできます。

 

せどりって、理屈よりも実践の中から学ぶことの方が

はるかに多いものですが、今の話のカラクリは商売の

基本中の基本ですから深く胸に刻み付けておいてくださいね。

 

基本となる考え方はきちんと押さえた上で、

じゃあ何を仕入れれば良いのか?

 

やっぱり自分は回転数重視で行くぞー!

と心に決めた方には、

 

「ゲーム機せどり」

 

が一番おススメです!

 

ゲーム機せどりのみで

生計を立てていらっしゃる方もいるくらい

取り組みやすく、ポイントを押さえれば

3万円のゲーム機でも容赦なく仕入れ対象になります( ゚Д゚)

 

せどりに興味があるのであれば、

初めはゲーム機以外は見なくても大丈夫!

と僕は断言します!( `ー´)ノ

 

↓公式メルマガです。コンサル生に配布しているマニュアルの一部を公開中!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です