【2019年正月】中古ゲーム機せどり5日間で59台販売!【利益額を公開します】

Pocket

前回の仕入れ実績公開【パート10】の中で、2019年1月1日から仕入れに回った結果をご紹介しました。

今回はその後どれくらいの利益が出たのかを少し詳しくまとめてみたいと思います。

ゲーム機せどりの利益額の参考として眺めていってくださいねー!

2019年年初の仕入れはどうだったのか?

今年は年始の1月1日から中古ゲーム機をガンガン仕入れてきました。

結果は実際の仕入れ画像と共にこちらで記事にしてますので興味があればご参照ください。

関連記事>仕入れ実績公開【パート10】

仕入れ実績公開【パート10】

2019年1月7日

FBA到着後、この5日間で売れたのは59台

表題の通り、あっけないくらい一気に売れてなくなりました(笑)

5日間で59台が完売するほど、飛ぶように売れるのが中古ゲーム機というわけです。

僕は仕入れた商品を1ヵ月も2ヵ月もFBAにストックしておくのが嫌いなので、出品したらどれだけ遅くても2週間以内には必ず完売させるスタイルを取っています。

今回も例外なくいつも通りに順調で、扱ってる商品がゲーム機なので当たり前と言えば当たり前ですが。

59台販売して得られた利益総額

FBAに納品した59台で得られた総販売額と利益額は以下の通り。

  • 総販売額:387,679円
  • 総仕入額:198,155円
  • 総利益額:156,021円
  • 利益率:40%

結果はこの通りでして、59台の総仕入額が「198,155円」で、総販売額が「387,679円」なので手数料を差し引くと残った利益が「156,021円」。利益率ではぴったり40%となりました。

またFBAに発送したばかりでこれから到着するのが25台ほど残ってるので、今月年初4日の仕入れで20万円以上の利益は確定しています。
(※追記:結果的に22万円ちょっとの収益になりました)

もちろん1台販売毎の利益額は違うわけですが、単純に計算すると、

利益156,021円÷販売数59台=1台当たり2,644円

という感じの利益になります。

多いと思うか少ないと思うかはその人次第ってところではありますね。僕的にはこのくらいが普通の感覚です。

個別の商品別成果を一部まとめました

当たり前のことですが、上で計算したのはあくまで平均利益になりますので、もちろん商品ごとに得られる利益は全然違います。

仕入金額と利益額はおおむね比例する傾向がありますが、実際には様々なパターンがあります。

では、今回実際に売れたものを例に見てみましょう。

  • 任天堂64

仕入金額→540円
販売金額→1,680円
手数料→756円

利益額→384円

 

 

  • ニンテンドーDS

仕入金額→200円
販売金額→2,000円
手数料→520円

利益額→1,280円

  • プレステ2

仕入金額→3,906円
販売金額→9,000円
手数料→1,086円

利益額→4,008円

  • PS Vita

仕入金額→3,500円
販売金額→12,300円
手数料→1,344円

利益額→7,456円

  • プレステ3

仕入金額→2,159円
販売金額→5,200円
手数料→794円

利益額→2,247円

  • ニンテンドー2DS

仕入金額→3,000円
販売金額→6,500円
手数料→880円

利益額→2,620円

  • Newニンテンドー2DS LL

仕入金額→7,000円
販売金額→12,000円
手数料→1,320円

利益額→3,680円

  • Wii Uプレミアムセット

仕入金額→5,894円
販売金額→9,050円
手数料→1,096円

利益額→2,060円

  • プレステ4

仕入金額→12,000円
販売金額→19,999円
手数料→1,960円

利益額→6,039円

総評

このように仕入金額から実際の販売額、さらに得られる利益額までをザッと目で追うだけでも何となくイメージが掴めてくると思います。

一番最初の任天堂64のように、仕入れ単価が数百円のものは結果的に得られる利益も数百円というケースが一般的ですが、中にはDSのように200円仕入れで10倍の価格で販売できることもあります。

ただし、これは結果論ですので、具体的にどのくらいの利益額を想定して仕入れていくかを頭の中でイメージできるまで繰り返していくのがポイントです。

といっても、利益額は都度考えるとしても、僕や僕の生徒さんは現場で売れるか売れないかの判断をほとんどしません。(売れるものを知ってるから)

なので、目の前の商品が1000円以上の利益があるのかどうか、ただひたすら逆算思考して「これとこれとこれ」という感じで仕入れる商品を決めていきます。

1000円とは言いますが、もちろん500円でも確実に儲けがでるならOKだし、300円でも99%以上の確率で利益が出ると見込めるならそれでもOK。

100円単位でどこまで貪欲になれるか。

小さな積み重ねをコツコツできる人には必ず大きなリターンが返ってきます。

ビジネスは投資と違って、ちょっとの理論があればあとは気合の面がモノをいうところがあります。
(梱包それなりに時間かかるからね。)

ゲーム機って他のジャンルやってる人から見ると、なんだか小難しそうに見えたり、仕入れもちょっと特殊だったりするので敬遠する人が多いんですよ。

逆に、いざやってみるとハマる人はものすごい勢いでのめりこんでいく。

一応今回は参考になればと思い、仕入れ価格も記載しておきました。実際に色々なお店へ足を運んで自分の目で確かめてみてください。

もしかするとお宝商品が眠ってる可能性があるかもです。